FC2ブログ

2013.9.11 東京ワクチンミーティングに参加しました

2013-09-16
 平成25年9月11日(水)、「第7回東京ワクチンミーティング」に参加しました。

 この講演会は3部に分かれており、第1部は今年大流行した風疹に関連するいろいろな問題、第2部は小児用肺炎球菌ワクチンの新しい製品「プレベナー13」の紹介、第3部は子宮頚がん予防ワクチンの「副作用」とされる複合型局所疼痛症候群(CRPS)などワクチン接種に伴う諸問題について、それぞれ専門家が講演しました。

 風疹については来季また流行が再燃する可能性はなくなっておりません。MRワクチンを粛々と進める必要があることが確認できました。

 プレベナー13については、プレベナー7からの移行をトラブルなく進めなければなりません。また、プレベナー7で接種が済んだお子さまにプレベナー13の追加接種をどうするのか、検討が必要です。

 予防接種については、常にメリットとデメリットを総合的に判断すべきです。必要なワクチンの接種は進めなければなりません。しかし、副反応、または健康被害が出た場合、いかにこれらの方に手厚い対応がとれるか、必要な対処について総合的な検討が必要だと感じました。

カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>