FC2ブログ

7.28子どものこころの健康を考えるシンポジウムに参加しました

2019-07-28
 第3席では、「保護者の精神疾患と子どもへの虐待」というタイトルで、安部計彦西南学院大学人間科学部教授が講演されました。安部先生は九州の児童相談所に長らく勤務され、児童相談所で対応した、虐待、ネグレクト事例におけるメンタルヘルスに課題のある保護者の問題について、ご自身の報告した調査結果を基にしながらお話しされました。

 精神障害のある親は子どもの養育よりも自分のことで精一杯であり、精神障害のある保護者の子どもは当然にネグレクトになる可能性を考えなければならない。その前提で、日常的サポートと専門的援助の二本立ての支援が必要だと話されました。

 また、ご自身が児童相談所に勤務した経験から、なぜ児相は保護(分離)をためらうのか、また、児相への通告のポイントについて解説されました。

 3つの演題の講演の後、井上祐紀慈恵会医大精神科准教授が、指定発言を行いました。井上准教授は、病名を告知することはあまり意味がないこと、外部に対象を作り(××オバケ)、これと戦い勝つことを患者さんに勧めることはよい対処法だと話されました。

 これで講演は終わり、休憩の後、第2部として、「これからの子育てに向けて」というディカッションが行われました。

 今回のシンポジウムに参加して感じたことは、子どもの心の健康を育む健康支援、発達支援はまだいろいろな考え方が乱立している状態で、今回の講演でも必ずしも演者の見解が一致していない場面もありました。

 私自身、今回の講演でも同意できる内容と同意できない内容があり、すべて納得できる講演はありませんでした。子育て支援については、私自身がまだまだ思索を続け、自らの見解を構築している段階なので、これからも多様な意見に触れて、自らの考えを深めていきたいと思いました。

カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>