FC2ブログ

7.28子どものこころの健康を考えるシンポジウムに参加しました1

2019-07-28
 7月28日(日)は、JR品川駅江南口品川フロントビルで開かれた、子どものこころの健康を考えるシンポジウム「現在の子育ての現状と未来」に参加しました。午後1時からの開催でしたが、開会時間には精神科医、小児科医、保健師や心理士、スクールソーシャルワーカーなど行政の子育て部門の関係者で会場はほぼ満席になっていました。

 第一部シンポジウムでは、まず「発達障害児支援と子育て支援の交差点」というタイトルで、浜松市発達相談支援センター「ルビロ」所長の内山敏先生が講演を行いました。

 内山所長は、まず従来発達支援といえば特別支援学校を利用するような児(身体障害、知的障害、聴覚障害、視覚障害)が対象だったが、現在は発達障害の疑われる児まで対象が広がり、実に浜松市の児童の8人に1人が対象に入ってきた。

 子どもの虐待の背景には、子どもの発達障害や親の発達障害が関係しているケースも多く、また母親の産後うつも多く関与している。したがって、浜松市では普通の発達をしている定型発達と早期に支援が必要な発達障害疑いの児には別ルートでたんぽぽ広場を用意。早期支援、早期療養を行っている。さらに支援をスルーしてしまう親子は保育所、幼稚園、こども園の巡回で発見するようにしている。
 
 という内容でした。また、各部門をつなぐ、インターフェイスの存在が重要だと話されました。

 第2席には、「スクールソーシャルワーカーの視点から子育てを考える」というタイトルで、半羽利美佳武庫川女子大学文学部准教授が、ご自身が従事されている、学校スクールソーシャルワーカーの立場から、子育て支援についてお話しされました。特に現在の子育ては親子の間の意志疎通がうまくいかない例が多く、地域で子どもを育てる支援ネットワークの構築が必要と話されました。(この項続く)



カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>