FC2ブログ

2012年第1回定例会

2012-02-28
 2012年2月22日(水)、平成24年第1回定例会が開かれました。まず、濱野区長による施政方針演説が行われ、引き続いて、各会派による代表質問が行われました。
 議員数順に自民党、公明党、民主・改革ネットの議員が質問しました。区側(区長、事業部長)がこれに答えて、定例会第1日目は終わりました。

 第2日目の2月23日(木)は、前日に続いて無所属品川、共産党の代表質問が行われました。その後、一般質問に移り、23日に一般質問したのは、無所属品川、自民党、公明党、民主改革の議員でした。

 第3日目の2月24日(金)は、共産党、みんなの党、自民党、公明党、民主改革の議員が一般質問を行いました。
 その後、予算特別委員会の設置を決め、請願・陳情の委員会割り振りを決め、定例会は終了しました。

 区長の施政方針演説の内容は、まず、最重要課題が防災対策とされました。さらに、緊急の継続課題として、景気対策、待機児童対策、老人介護対策があげられました。それから、予算の概要が示されました。
 品川区から提示されたこの予算案を、3月に入ってから、予算特別委員会で審議していくことになるのです。

 各議員の代表質問、一般質問は相変わらず子育て関連の質問内容は少なかったですが、民主党の議員の病児保育所の新設の質問に、金子こども未来事業部長が、武蔵小山で開設の準備中と答弁したのが、印象に残りました。
カテゴリ :地方自治 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>