FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 1月25日(金)は、芳水小学校地階に新たに作られた、大崎図書館分館のオープンセレモニーに参加しました。

 明電舎横の大崎図書館が老朽化のため、2018年6月1日に五反田御殿山小隣に移転したため、大崎地区の図書館がなくなってしまいました。そのため、旧大崎図書館を継承した新たな「地域密着型図書館」として、大崎図書館分館が、現在建て替え工事中の芳水小学校の地下階に作られました。

 1月25日(金)のオープニングセレモニーには、区関係者、区議会文教委員、芳水小関係者、地元の人たちが多数参加されていました。


 教育長、地元町会長、芳水小校長などによる、テープカットの様子です。


 図書館分館内部です。


 地元大崎の歴史を紹介する、ミニコーナーもありました。

 旧大崎図書館は私の妻が小さかった子どもを連れて、坂を上ってよく通ったところです。芳水小学校は私が50年も前、毎日通った小学校です。

 新しい図書館分館も、多くの地域の人に愛され、親しまれて、歴史を刻んでいくことができればと思いました。