FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 「児童発達支援事業の実際と療育業界の動向」は、発達障害の早期発見、早期療育に取り組んでいる、NPO法人理事長の講演でした。

 成人になる前に、発達障害を発見し、療育に結び付けることが重要だということと、国の動向が「我が事、丸ごと」と老人、障害者などすべてを、地域が支える包括ケアプランを考えている、とお話されました。

 発達障害が疑われる児がいたら、なるべく早く、近くの児童発達支援事業所を紹介してほしい。その時、事業所を評価する目安は、「送迎サービスをしない」こと。
 なぜなら、送迎サービスを行う事業所は、業務だけが忙しく、質の担保が行われていない可能性があるから、だそうです。

 非常に勉強になる講演でしたが、どのように品川区の事業に応用していくのか、もう少し自分なりの考えをまとめる必要がある、と感じました。