東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 5月29日(火)は区議会臨時会が開催されました。議長が不信任されるという波乱もありましたが、一応会は成立し、平成30年度の常任委員会が決まりました。

 私は今期も文教委員会に所属することになりました。文教委員の投票で、副委員長にも選出されました。

 平成27年(2015年)に区議会議員に再選されて以来、私の区議会議員第2期の4年間はずっと文教委員会に所属し、品川区の保育、教育の子育て施策に係わってきました。(第1期は、4年間厚生委員会でワクチン、感染予防に取り組みました。)

 4年間の集大成になるよう、本年度も子育て支援施策の前進に、全力で取り組んでいきたいと思っています。