FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 10月24日(火)は伊丹市からさらにJR宝塚線、JR神戸線、神戸市営地下鉄を乗り継いで、途中昼食を摂って、神戸市学園都市に移動しました。そして、神戸市の医療的ケア児と健常児の共生保育の現場を視察するため、NPO法人こどもコミュニティケアが運営する「ちっちゃなこども園ふたば・よつば」を訪問しました。

 この「ちっちゃなこども園ふたば・よつば」は、神戸市垂水区の旧ゴルフ場周辺の新興住宅地の中で、「ちっちゃなこども園ふたば」と「ちっちゃなこども園よつば」の2か所に分かれて保育を行っていました。
 特に、「ちっちゃなこども園よつば」は認可外保育施設「ちっちゃなこども園にじいろ」、障害児通所支援施設「て・あーて」を施設内に併設しており、同時進行で保育を行っていました。



 まずNPO法人こどもコミュニティケア代表理事の末永美紀子さんからお話を伺いました。末永さんは看護師で兵庫県立こども病院を退職した後、この地で医療的ケア児と健常児を共に預かる(共生保育)、認可外の保育施設を始めたのだそうです。

 共生保育を始めた理由は、「子どもが子ども社会に参加すること」は子どもの基本的権利だと考えていたので、障害を持っていてもいなくても、当たり前に一緒に過ごせる保育園を作りたかった、と話されました。病児保育、在宅小児訪問診療に取り組んでいる私にとって、非常に共感できるお話でした。

 その後、行政との係わりなかで、補助金の話も出ました。末永さんからは医療的ケアについての加算がないというお話でしたが、私が取り組んでいる在宅医療でも高齢者と小児ではシステムが全く異なるため(小児は公的支援がほとんどない)、小児在宅医療が広がらない原因もそこにあるのです。医療的ケア児を保育看護するときの公的支援のあり方は、さらに検討しなければならない課題だと思いました。

 病気の子どもを預かる。障害を持つ子どもを預かる。これは働く親の負担軽減のためだけでなく、子どもがより適切な環境で過ごせるために必要な保育です。(いまだに病児保育はいらないなどと高言する、女性無所属議員も品川区にはいますが…。)

 末永さんのお話の後、文教委員はよつば・にじいろ・てあーて組とふたば組の2グループに分かれて、実際の保育現場を見学しました。

 私はよつば・にじいろ・てあーて組でしたが、障害がある子とない子が同じ部屋で保育されている光景は感動的でした。元気な子どもの横で、障害のある子が痰の吸引をされていました。近い将来、品川区でもこのような保育風景がありふれた光景になるよう、さらに私も力を尽くさなければならないと、見学しながら思いました。

 視察終了後は神戸市に戻って、この日は神戸市に宿泊しました。