FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 伊丹市のインクルーシブ教育システムの事業説明の後、市役所の隣接した伊丹市立総合教育センターの施設見学を行いました。(下写真は、同センターのリーフレットより転載)



 伊丹市立総合教育センターは、平成6年に竣工された5階建ての学校教育部の管理する建物です。



 1階のエンテランスホールには園児、生徒の作品が展示してあり、2階はパソコン、DVDを使用して研修する、教職員の研修フロア、3階は理科実験の準備、教材研修などもできる、サイエンスルーム、ケミカルラボのある理科系のフロア、4階はカウンセリング相談室や箱庭療法室、遊戯療法室、心理検査室などの部屋がある心理系のフロア、5階は授業力向上支援センターとなっていて、コンサルタントが授業に関する相談に乗ったり、図書室、ビデオライブラリー、各種研究報告書などが完備され、市内各学校園に安全安心な情報ネットワークを提供しているのだそうです。



 非常に充実した教職員向けの施設で、伊丹市の教育に対する力の入れ方がよく実感できました。