FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 10月23日(月)、品川区議会文教委員は品川駅新幹線ホームに集合し、のぞみ219号で一路京都に向かいました。まず、京都駅についた後、烏丸線で四条駅まで行き、昼食を取った後、中京区にある京都市中京青少年活動センターを訪れました。

 この建物には、京都市ユースサービス協会の事務局が置かれており、センター中会議室で、薗田博司ユースサービス協会支援事業統括と富田裕子チーフユースワーカーから、ひきこもり支援についての取り組みのお話を伺いました。



 当日同席する予定だった、京都市の担当の方は、10月22日(日)に行われた衆議院総選挙後の業務が多忙で欠席されたのは残念でした。京都市では、ニートやひきこもり、不登校など、社会生活を円滑に営む上で困難を有する、子ども・若者を支援するため、専門の部局=「子ども若者はぐくみ局」を平成29年度に立ち上げたそうです。

 私たちがお話を伺った公益財団法人京都市ユースサービス協会は、京都市から京都市青少年活動センターの運営を委託されているほか、子ども・若者総合支援事業として、子ども・若者総合相談窓口、ひきこもり地域支援センター、地域若者サポートステーションなどの事業も行っているということでした。

 このうち、子ども・若者総合相談窓口における電話相談件数は、平成28年度は518件で、大体毎年400~500件で一定しているそうです。
 そして、相談者内訳は、本人が31%、父または母が45%、その他が24%。相談内容は、10代では不登校、引きこもり、家庭の問題が多く、20代では引きこもりと就労問題、30歳以降はひきこもりと就労問題が多くなる、ということでした。

 相談は助言や情報提供で終わる場合もありますが、来所相談が適当と考えられる場合は相談者に来所していただいて、さらに助言や必要な場合は支援機関に繋きます。
 特に、引きこもり本人が相談の場合、自宅を出て青少年活動センターまで訪れることができないケースもあり、近くの喫茶店などで話したりすることもあるそうでした。



 相談の結果は支援コーディネーターに引き継がれ、支援コーディネーターは支援の方針を検討し、来所面談や自宅訪問支援などを行います。
 また、支援機関による支援が必要と判断された時は、関係支援機関(子ども・若者支援地域協議会)へ紹介することもある、とのことでした。 (この項、続く)