FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 1月9日(月)は、きゅりあんで開催された品川区成人式記念式典に参加しました。きゅりあん8階の大ホールは着物姿の若い品川区民が多数集まり、とても華やかな風景でした。



 区長、区議会議長の挨拶中も私語が絶えず、全体的にざわついて、立ったり出ていったりする人も少なくありませんでしたが、それなりに平穏に式は進行しました。

 式後半は品川女子学院吹奏楽部の女子生徒によるコンサートでした。とても良い演奏でした。



 濱野区長も触れられていましたが、この式に出た新成人が50歳になったとき、品川区は区政100年を迎えます。

 今何の憂いもないようにはしゃいでいる彼らが50歳になったときに、この国に生まれてよかった、日本人でよかった、と彼らの子どもたちに胸を張って語れるような品川区、日本を作るために、自分も今できることをしっかり行っていかなければならないと思いました。