FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 12月11日(日)は、豊葉の杜学園で行われた、品川区一斉防災訓練の災害時学校医療救護所開設訓練に参加しました。

 12月7日(水)には区議会で行われた防災訓練に参加しましたが、今回は医師会員として、災害時学校医療救護所開設の訓練を見学しました。豊葉の杜学園の保健室に医療救護所を開設する訓練、および本部との通信訓練(東芝病院で重傷者を送るための通信訓練)、傷病者対応訓練(傷病者を担架に乗せて、東芝病院まで搬送する訓練)が区職員の方によって行われ、医師会員、薬剤師会員が見学し、助言を行うという内容でした。



 10時に豊葉の杜学園に到着すると、すでに町会の人たちが集まって、運動場で地域ごとに訓練の準備を始めていました。保健室に入ると、品川区医師会、荏原医師会、品川区薬剤師会、荏原薬剤師会の会長を始め、担当の方々が集まっており、健康課長を始め、区の職員の方と医療用資材の確認、重傷者の担架での運搬の実地訓練などが行われました。



 また、品川区保健センター所長(医師)の初期診療も行われ、濱野区長も激励に見えました。区の職員による本部との通信訓練も行われ、和気あいあいとした中で一つ一つ確認作業が続きました。



 実際大災害が起きたとき、どこまで訓練通りにできるのかはわかりませんが、行政視察でお話を聞いた神戸市の消防署の方も日頃から訓練することの重要性を強調されていました。このような訓練を重ねることは実際に災害が起きたとき、少しでも被害を少なくするために、大切な我が子を守るために、きわめて重要なことだと思います。

 私も区議会議員としても医師としても、少しでも災害救助に貢献したいと思いました。