FC2ブログ

8.1-8.3北海道視察3

2016-08-31
 8月3日(水)最終日は、札幌市に戻り、「札幌市自閉症者自立支援センター ゆい」を視察しました。

 ゆいは、社会福祉法人はるにれの里が運営している、重症の自閉症者の入所支援施設です。ゆいは、重症の自閉症者を対象に、軽作業や文化的活動を行うことにより、3年間を一つの目安に、地域で自律生活ができるよう、自閉症者を支援することを目的としているのだそうです。


 まず、センター長の方から、ゆいの活動について、スライドで説明を受けました。その後、事業所内を見学しました。何人か、入所されている方ともすれ違いました。また事業所での作業も、見学させていただきました。事業所では、スタッフの方と入所者が大根の皮むきの作業を行っていました。(写真に写っているのは、スタッフの方です。)



 社会福祉法人はるにれの里は、自閉症者の自立支援センター以外にも、共同生活援助事業所、就労移行支援事業所、多機能型障害福祉サービス事業所など、さまざまな障害者支援事業所を展開しています。

 説明後の質疑応答の時に、私の方から、このような重度の自閉症者の入所施設では、外傷などいろいろな緊急事態の発生が予想されるが、その時どのような対応を行っているのか、質問しました。センター長からは、近隣の医療機関が近いので、すぐにそちらへ移送する、というお返事がありました。
カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>