FC2ブログ

6.10BCG接種講演会

2016-06-11
 6月10日(金)、保健所保健予防課が開催した、平成28年度BCG接種講演会に参加しました。この会は、品川区がBCG接種の個別化に移行して2年たつこと、今年度からBCGが東京23区で相互乗り入れになるため、開催されるということでした。

 結核予防会結核研究所の森享先生が、講師として講演されました。内容は、①日本はまだ患者の多い、結核中進国であること、②ただし、乳児においては罹患率はきわめて低く、BCGの効果と考えられること、③BCGの接種は針痕で接種の良、不可がわかるため、接種技術の向上に努めなければならないこと、④結核に既感染である、コッホ現象についてしっかり認識する必要があること、などでした。

 医師会からの参加者は多くなかったですが、今日の講演をしっかり踏まえた、品川区の結核対策を考えていかなければならないと思いました。
カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>