FC2ブログ

4.5水辺議連設立総会

2016-04-10
 4月5日(火)、水辺議連の設立総会に参加しました。

 水辺議連(城南地区水辺活用推進議員連盟)は、水辺を持つ海に隣接する自治体である品川区と大田区の議員が連携し、羽田から天王洲、目黒川までの水辺を整備し、2020年のオリンピック、パラリンピックにむけて、舟運を使った地域経済の活性化、観光資源としての水辺の活用と整備、国内外の観光客に対するイメージの向上、非常時の防災をはかる、という目的で結成されました。

 まず当日は、水辺の乗船視察として、羽田天空橋船着場からチャーター船に乗り、大田区ふるさとの浜辺桟橋、流通センター桟橋、東海公園桟橋から目黒川をさかのぼり、五反田リバーステーション、目黒川の桜並木を視察し、天王洲桟橋で下船しました。



 その後、設立総会が寺田倉庫の船上レストランWL2で開かれ、濱野品川区長、松原大田区長、石原代議士などがあいさつされ、大田区、品川区、東京都の関係者などが多数出席されました。



 水辺議連は結成されたばかりで今のところ、会員は自民党議員と無所属の私だけですが、今後は広く参加を呼びかけるという話でした。舟を利用した水辺の活用は、観光にも交通(舟運)にも災害対策にも大いに役立つと期待されます。 

 私についていえば、子育て中の親子で遊べる水上公園の整備、小学生のカヌー、ボート教室の開催などを、水辺整備の研究課題としていきたいと思っています。 

 船の上から見た、目黒川の桜がとてもきれいでした。大崎~五反田は私の生まれ育った郷土です。いつも目黒川を見下ろして、生活していましたが、目黒川からゲートシティ、ニューシティや五反田駅を見上げるのは初めての経験でした。

 父が小さいころ、目黒川で川遊びしたといっていましたが、もしかしたらそのような日が再び訪れるかもしれないとふっと思いました。


カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>