FC2ブログ

3.7予算特別委員会民生費

2016-03-27
 3月7日(月)、予算特別委員会4日目は民生費でした。

 私は保育園の待機児童対策を質問しました。品川区は平成28年度、29年度で保育園児1386人の受け入れ枠拡大を予定しています。これは高く評価されると思います。しかし、待機児童は減るどころか、増え続けています。

 まず、これだけ努力しているのに、なぜ待機児童が増え続けていると考えているのか、区の認識を聞きました。明確な答えはありませんでしたが、要するに、保育園の増設のスピードが入園希望者の増加のスピードに追い付かないことが原因と考えられます。

 保育士の確保、場所の確保(地域住民が反対)がだんだん難しくなってきているようです。

 保育士の確保について、保育課は保育士に区が住宅補助を行うことを強調していました。私は、保育士を増やす抜本的な対策として、この間何度か提案している、品川区の介護専門学校に保育専門学校を併設することを再度提案しました。

 この提案に対する保育課の反応は今一歩でしたが、今の全国的な保育士不足を乗り越えて、新しい保育所の数に見合う保育士を品川全体で確保するには、このぐらいの強力な対策が必要だと思っています。(他の対策は、どこでも行っている)

 さらに保育園に不承諾となった家庭、在宅子育てを行っている家庭に、子育てクーポンを区から配布し、子育てに役立ててもらうことも提案しました。

 これもあまり区から好意的な反応はありませんでしたが、今保育園は政治的にホットな課題になってしまったので(あまり、子育てを政治銘柄にして、もてあそぶのはやめてほしいのですが)、保育園に入れた家庭も、在宅で子育てをしている家庭も、保育園に入れなかった家庭も、すべての子育て家庭に何か貢献できる施策を早急に考えなければならないと思われます。
カテゴリ :地方自治 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>