FC2ブログ

10.31第2回地域健全育成協議会

2015-11-01
 10月31日(土)、大崎中学校で開かれた第2回地域健全育成協議会に参加しました。

 この会合は、地域の防犯、安全、子育てに関する学校、地域の取り組みについて話し合うため、品川児童相談所、地域センター、近隣小学校の校長、PTA、児童センター、町会関係者、警察、区議会議員などが集まって開かれるもので、前回は6月20日に「いじめについて」というテーマで話し合いが行われました。

 今回は「薬物乱用」についてというテーマで、品川学校薬剤師会の宮本千津子薬剤師が、実際小学校で行っている薬物乱用の教材(パネル)を示しながら、講演されました。

 薬物の乱用は最終的には廃人になる恐ろしい行為です。検挙人数は減少していますが、潜在化してむしろ広がっている状況のようです。

 快楽、怖いもの見たさ、背伸び、性的な興味、交友関係など、薬物が青少年に広がっていく背景はさまざまあると思いますが、やはり社会全体の道徳心の低下が大きく影響しているのではないかと思われます。

 悪いことは悪いとはっきりさせる(甘やかすだけでなく罰も与える)、実際の薬物依存症の末期の姿をリアルに子どもに見せる、こわいぞ、こわいぞだけでなく、正確な知識を子どもに与える(たとえば、マリファナは合法化されている国、地域もあることをふまえて、説明する)など、通り一遍でなく実効性のある対策が必要と思われます。

 今回の講演を聴いて、私も医師として薬物乱用について深く検討しなければ、と思いました。
カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>