FC2ブログ

7.27文教委員会

2015-08-02
 7月27日(火)は、文教委員会が開かれました。
 まず、居住実態が把握できない児童の調査と大規模保育園の運営事業者の選定結果について、区から報告がありました。

 その後、本委員会の所管事務調査である小中一貫教育について、教育委員会から概要と成果・課題についての説明があり、その後提出された資料をもとに、議員(委員)による質疑が行われました。

 全国学力・学習状況調査によると品川区の生徒の学力は国語で上向いているものの、算数・数学は横ばいであること、中学校の不登校出現率が25年度は増加していること(東京都、国も同傾向)、低学年からの英語科教育については90%の保護者がよい、ややよいと肯定的である半面、義務教育を4.3.2年で区切ることについては有効と考える保護者が半分以下だったことなど、興味深い結果の報告がありました。

 私は保育園に関しては、園医であったり病児保育にかかわっていることもあり、ある程度現場を理解していると思っています。しかし小学校、中学校の学校現場は、患者さんの小中生の話を聞く機会はときどきありますが、あまり直接的な接触はありませんでした。

 今後、文教委員の間に、通り一遍の「視察」ではなく、なるべく学校現場にかかわり、触れることで、自分なりに教育についても、考えをまとめていきたいと思いました。

 最後に本年度の行政視察について説明があり、委員会は終了しました。
カテゴリ :地方自治 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>