FC2ブログ

3.14第1回しながわ・えばら医学会に参加しました

2015-03-18
 3月14日(土)、第1回しながわ・えばら医学会が大井町のきゅりあんで開催されたので、参加しました。

 この医学会は地域の医療・福祉に係る課題を、品川区医師会と荏原医師会が、昭和大医師会や歯科医師会、薬剤師会、行政、福祉介護の関係者などにも参加を呼び掛けて、幅広く話し合いを行い、連携を深めるために開催されたということでした。

 医師会、歯科医師会、薬剤師会の方や区の関係者、議員の方など、なじみの顔が多く見られました。今回のテーマは「一般臨床」「防災」「病診連携」「在宅医療」などで、いろいろな職種の人が、いろいろな角度から発表していました。

 また、災害医療体制のシンポジウムも行われ、区の防災まちづくり事業部防災課、NTT東日本関東病院、旗の台脳神経科病院、第三北品川病院、品川区医師会、荏原医師会、荏原薬剤師会の代表が討論を行いました。最後に昭和大学病院院長が地域包括ケアシステムの重要性について、講演されました。

 最後まで発表を聞いていて、この医学会のように職種を超えて、多くの人が集まり、医療、福祉について話しあうことは意義深いことだと感じました。
カテゴリ :活動 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>