FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 4月8日(日)は、東京国際フォーラムで開催された、第28回外来小児科学会春季カンファレンスに参加しました。外来小児科学会は小児科医の小児科診療と小児保健、特に社会的活動について、研究発表の多い学会です。
 
 今回は、子ども支援・子育て支援のシンポジウムに参加しました。

 講演が4題あり、並木美砂子浦安市少子化対策室員から「浦安市の妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援について」、三平元ひがしまつど小児科院長から「児童虐待防止にむけた、地方公共団体と医療機関との連携の実際」、和田浩健和会病院医師から「貧困問題から見た親子への支援のあり方」、三次祐也NPOポケットサポート代表から「病気による困難を抱えた子どもたちの支援」の発表があり、その後討論となりました。



 講演は一般の小児科医師にとっては、あまりなじみのない内容だったかもしれませんが、私にとっては品川区の子育て支援施策の中で日常行っている、議員活動と重なっているため、よく理解できました。

 品川区の現状と比較しながら、講演を聞きました。そして、今回の講演内容を今後の活動に生かしたいと強く思いました。

 3月34日(土)に、東京都医師会が行った「平成29年度予防接種講演会」に参加しました。

 まず、東京都医師会の予防接種委員会の先生から、予防接種不適切接種事例のまとめとリスクマネイジメントについて、講演がありました。

 品川区ではケルビムこどもクリニックによる多数のワクチンを混ぜて接種するという、考えられない不適切事例がありましたが、今回報告を聞くと、このような故意の不適切ではなく、様々なミスによる不適切事例が少なくないということでした。私のクリニックでも不適切事例を起こさぬよう、注意しなければならないと思いました。

 国立感染症研究所感染症疫学センターの多屋馨子室長と、東京都医師会予防接種委員会の和田紀之委員長から、最近の予防接種の話題と今後の課題について、講演がありました。

 麻疹は外国から依然として散発的に持ち込まれていること、風疹を2020年までに根絶するには成人男性へのワクチン接種の取り組みを強化しなければならないこと、水痘予防には帯状疱疹対策も併せて考えなければならないこと、流行性耳下腺炎流行に対しては、2回接種が必要なことが述べられました。

 また、高齢者肺炎球菌ワクチンには結合型プレベナーワクチンも有効なこと、現在流行している百日咳には強力な対策が必要なこと、具体的にはDPTワクチン復活と正確な検査であるランプ法を行うことが重要なのだそうです。ポリオとジフテリアの世界での流行状況の報告、定期接種になったB型肝炎ワクチンを成人への広げること、HPVワクチン再開が待ったなしの状況であること、などについて詳しい解説が行われました。

 この講演を聞いて、私のクリニックでも、品川区における感染予防対策でも、さらに予防接種の重要性の啓発と予防接種の新しいアプローチを強力に行わなければならないと、強く思いました。



 3月22日(金)、議会報告会等準備会議が、区役所議会棟で開かれました。この会議は、区議会の活動を広く区民の方々に知っていただくために、超党派の全議員が協力して、いろいろな準備を行うために開かれたものです。

 第3回品川区議会議会報告会が5月11日に開催されるので、その準備についていろいろ話し合いが行われました。

 まず、報告会のポスターが選定されました。そして、今回の報告会のテーマである、「品川の魅力発見!」について、どのように区民の皆様と楽しく話し合いを進めるか、その進行について論議されました。
 全会派の議員で和気あいあいと話し合いが行われました。

 その後、全員で、報告会のポスターのパウチ作業を行いました。
 このように、全議員が協力して、仲良く一つの事業に取り組むことも大切だと率直に感じました。