FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。


 平成24年8月21日(火)、行財政改革委員会が開かれ、江東区の児童・高齢者総合施設「グランチャ東雲」の視察に行きました。

 「グランチャ東雲」はグランパ、グランマの「グラン」とチャイルドの「チャ」の合成語で、お年寄りと子どもがなかよく交流する総合施設をめざすというもので、1~2階は認定子ども園、3~7階はプールやレクリエーションルームなど、子どもと母親、お年寄りが交流できるスペースになっています。

グランチャ近影

 もともとこの施設は、高齢者のための施設になる計画だったのですが、江東区職員の方のご説明によれば「区長の熱い思い」で、高齢者施設を高齢者とこどものための総合施設に変更したのだそうです。また、そのために東京都からの交付金などは当てにせず、江東区の単独事業として運営されているのだそうです。子どもを大事にし、子育て支援に力を注ぐ、すばらしい区長だと感動しました。

 帰りのお台場は渋滞していましたが、きょうも暑い一日でした。