FC2ブログ
東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 5月22日(日)、西大井広場公園で行われた、平成23年度品川区・品川消防署合同訓練に始めて参加、見学させていただきました。

 品川区が局地的集中豪雨に襲われ、区内の河川が氾濫したという想定で、区職員、消防署、消防団、区民のボランティアの方々が実戦さながらの水防活動を繰り広げました。
 瞬時に積み上げられていく積み土のうや、鋼鉄の釜だん(マンホールから溢れた雨水噴出を防ぐのだそうです)、巨大な消防車両などを実際に見学して、大変興味深く、また水防意識を高めていかなければならないことを痛感した一日でした。

 訓練に参加された区職員、消防署、消防団、建設防災協議会、下水道局、区民ボランティアの皆さま、ご苦労様でした。

 4月24日(日)に行われた品川区議会議員選挙の結果は、皆さますでにご存じのとおり、獲得投票2632票、40人定員中16位で上位当選させていただきました。

 組織もなく、運動期間も短かった選挙戦でしたが、多くの方の期待とご支援を肌で感じることができました。街宣中、「先生、頑張って!」たくさんの方々からご声援をいただいた時は、涙が出るほど嬉しかったです。

 ワクチンの無料化、定期接種化への運動、小児救急の改善、子どものこころの診療体制の強化、病児保育の質量の拡大、品川区の初等教育の推進、共同参画社会の推進、選挙中何回も何回も繰り返して訴えた「鈴木博のお約束」を、少しずつでも実現するために全力で行動していきます。

 私一人はもちろんですが、今回ともに闘っていただいた荏原小児科医会の小児科医の先生たちとも手を取り合って、名実ともに品川区が母と子どもの子育てナンバーワンになるよう、最善を尽くしたいと考えております。 

 また、クリニックの方も「先生、クリニックはどうなるのですか」、「先生、診療は続けられるのですよね」などとご心配をおかけしましたが、ご覧の通り、クリニックも通常通り診療いたしておりますので、ご安心ください。