東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
 きょうで、第2回定例会が終わりました。しかし、区議会の混乱は続いており、きょうも3回目の議長不信任案が20名の議員から提出されました。

 議長不信任案に、反対は共産党と生活者ネット、棄権は公明党、それ以外の全ての会派、無所属議員が賛成し、不信任決議は再度可決されました。早く混乱がおさまり、議会が正常化してほしいと願っています。

 6月28日(木)、29日(金)の区議会第2定例会は大混乱し、MXテレビのニュースで取り上げられたり、夜10時あたりまで会派室に拘束、待機になるなど、今までにないさまざまな体験をしました。

 目の前で繰り広げられたドラマは、信義あり、友情あり、裏切りあり、居直りあり、等々、さまざまなドラマの要素をてんこ盛りにして、進行していきました。今回の経験を、十分反芻総括しながら、今一度、議員とは、地方自治とは、などについて、深く考えてみたいと思います。

 5月29日(火)は区議会臨時会が開催されました。議長が不信任されるという波乱もありましたが、一応会は成立し、平成30年度の常任委員会が決まりました。

 私は今期も文教委員会に所属することになりました。文教委員の投票で、副委員長にも選出されました。

 平成27年(2015年)に区議会議員に再選されて以来、私の区議会議員第2期の4年間はずっと文教委員会に所属し、品川区の保育、教育の子育て施策に係わってきました。(第1期は、4年間厚生委員会でワクチン、感染予防に取り組みました。)

 4年間の集大成になるよう、本年度も子育て支援施策の前進に、全力で取り組んでいきたいと思っています。

 5月25日(金)は、きゅりあん7階イベントホールで行われた、平成30年度品川区立小学校PTA連合会歓送迎会に出席しました。午後6時から会は始まりましたが、クリニックでの診療が終わらず、会場についたのは式のあいさつなどが終わったあとでした。

 品川区は教育ルネッサンスを掲げて、コミュニティ・スクールを展開していこうとしていますが、PTAには引き続き大きな役割が期待されています。

 学事制度審議会の答申も出て、品川区の教育も大きく変わろうとしていますが、PTAの会員の方々とともに、小さな品川区民のために本年も力いっぱい活動していきたいと思いました。



 5月11日(金)にきゅりあん7階イベントホールで、「第3回品川区議会議会報告会」が開催されました。私は今回は、議会報告会等準備委員会に所属していたため、報告会のリハーサルやいろいろな備品や準備、運搬などの裏方の仕事も行いました。



 当日は受付係のリーダーとして来場者の受付を行いました。参加者は年配の方中心に、約40名ほどで、他区の議員の方も何人か、お見えになっていました。

 回を重ねるに従い、参加者が減っていくのが少し残念でした。ちょうど8階の大ホールでバレーの発表会があったようで、若い親子連れや若い人達は8階大ホールへ、年配の方は7階イベントホールへとくっきりと分かれて入場していました。

 今回は各常任委員会の活動報告と、「品川の魅力発見」という議員と区民の意見交換会の2部構成で行われました。準備委員会の一員ということもあって、私的にはよい企画だと考えていましたが、参加者の少なさから考えると、次回はもう少し再検討が必要かもしれないと思いました。

 一部参加をボイコットした無所属議員がいたのは残念でしたが、会派を超えて全議員が協力して、区民に議会の存在をアッピールする取り組みは今後も続けていきたいと思いました。