東京都品川区の小児科医区議会議員が、小児科外来最前線からみた品川の小児医療、子育て支援について語ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 6月14日(水)、品川女子学院で行われた、総合学習「地域を知る」のグループ発表会に招かれたので、参加しました。

 品川区議会は昨年度より議会報告会を始めましたが、その一環として、品川女子学院と品川区政についての意見交換会を行っています。

 一方、品川女子学院の側では、生徒がグループを作り、取り組みテーマを決めて、テーマについてグループごとに研究を行い、学院祭で発表するのだそうです。その過程で、区議会議員との意見交換会を行います。

 きょうは議会との意見交換会を前に、まず取り組みテーマのプレゼンテーションが総合学習として、全生徒の前で行われたのでした。



 AからEまで、5つのグループのプレゼンテーションが行われました。なかなかユニークな発表もありました。生徒たちは行儀よく、静かに仲間の発表を聞いていました。今年の1月の、成人式での喧騒とふらつきが、ふと思い出されました。

 まだ幼い中学1年の子どもたちの発表は、内容といい、しゃべり方といい、感心するできでした。次の予定されている意見交換会の時に、さらに生徒たちとよくディスカッションを行い、それぞれの取り組みの内容を深めていければ、と思いました。
スポンサーサイト

 5月26日(金)、きゅりあんで開催された、平成29年度品川区立小学校PTA連合会歓送迎会に出席しました。校長先生、PTAの役員の方が多数参加されていました。私も何人かの方にごあいさつをさせていただきました。

 品川の子どもたちが、豊かで幸せな学校生活が送れるよう、この会に出席された方たちと協力して、私もできることは行っていきたいと思いました。



 5月26日(金)、第1回品川区議会臨時会が開かれました。

 この臨時会は、平成29年度の議会構成、すなわち各議員の委員会配置と議会の正副議長、各常任委員会(総務、区民、建設、厚生、文教)、議会運営委員会、特別委員会(行革、オリンピックパラリンピック)の正副委員長を決める会議です。

 私は今期も文教委員会に所属し、副委員長に選ばれました。文教委員会の副委員長として、つる委員長(公明党)を支えて、待機児童対策を始めとする保育・子育て施策、義務教育学校、コミュニティスクールの発展を始めとする教育施策に全力で取り組んでいきたいと思います。

 5月13日(土)、きゅりあんで第2回品川区議会議会報告会が開かれました。私もクリニックの午前診療を切り上げて、きゅりあんに集合しました。議員と区議会事務局員で、まず会場の設営を行いました。

 天候は良くなく、雨が降っていました。午後から天気は大荒れになる、という予報もあり、前回に比べて参加された区民が50名ほどで少なかったことが残念でした。各常任委員長、特別委員長の区政報告と第2部はクイズ、災害対策についてのテーブルごとの話し合いが行われました。さすがに2回目なので、進行はスムーズでした。

 マンネリにならず、毎回区民の方に参加していただけるよう、さらに内容を洗練させていかなければならないと感じました。



 3月29日(水)、30日(木)、品川区議会自民党・子ども未来は、まもなく1周年になろうとしている震災後の熊本市を訪問し、現在の熊本市の復旧の状況について、視察を行いました。

 昨2016年秋に、品川区議会建設委員会がすでに熊本市役所を訪問し、行政から見た震災後の復旧状況を調査しています。そのため、今回の会派視察は、熊本商工会議所を訪れ、民間の立場からみた、震災後の復旧状況について調査を行うことになりました。
 
 まず、3月29日は早朝6時30分に羽田空港に会派議員は集合し、ソラシドエアで熊本に向かいました。阿蘇くまもと空港に到着後、レンタカーを借りて市内を目指しました。空港周辺の益城町は今回の地震で最も揺れや被害の大きい地区でしたが、地震の名残や痕跡は見られませんでした。

  市内に入り、まず熊本城を見学しました。二の丸駐車場から桜の馬場、城彩の苑にある歴史文化体験施設湧湧座で、熊本城の歴史について学びました。
 私が驚いたのは、今回熊本城が大きな被害を受けましたが、これらの多くは平成になってから再建された建物であり、古い時代に建てられた歴史的建造物ではなかったということです。実は熊本城は高度成長期のころから、少しづつ城郭を地道に再建していたのだそうです。まだ、熊本城には地震の爪痕が残されていました。

 
天守閣。屋根の瓦がまだ散乱しています。

 宇土櫓から望む。まだ、石垣が崩れた状態です。

 その後、熊本商工会議所を訪問し、木下総務部長、田村商工観光振興部長から、熊本地震直後から現在までの取り組みについて、説明を受けました。

 商工会議所は地震の翌日から相談窓口を開設し、会員の相談に乗ったのだそうです。地震直後は漠然とした不安や補助金、助成金、罹災証明の相談が多かったのですが、時間の経過とともに資金繰り、雇用問題など、事業再開に向けた具体的な相談事例が増えていったのだそうです。

  今後は創造的復興をスローガンに、官民一体で取り組みを強化したいが、人、物がなく、復旧がなかなか進んでいない、というお話でした。



 この日は熊本市内に宿泊し、翌日会派の議員は視察を続けましたが、私は朝一番の便で東京に戻り、午後からクリニックで診療を行いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。